気になるアンダーヘアの処理方法!

気になるアンダーヘアの処理方法!

だんだんと薄着の季節になってくると、やっぱり気になるのはムダ毛の処理のことですよね?

 

特に夏になると、一番にチェックされるのは、アンダーヘアだって知ってました?

 

夏だからこそ、水着も堂々と着たいです!

 

しかしアンダーヘアの処理と言っても、自己流はとっても危険です!

 

ここでは安全なアンダーヘアの処理方法や種類、それぞれの処理方法のメリットやデメリットなどを解説していきます。

 

アンダーヘア

 

実はアンダーヘアは見た目だけでなく、実際にアンダーヘアがあると湿気がこもりやすく、雑菌が繁殖しやすくなるのを知っていますか?

 

そのせいで臭いも発生しやすくなるため、特に生理の時にはかなり気になってしまいます。

 

でもきちんとアンダーヘアを脱毛することによって、そういった問題もすっきりと解消できます。

 

大切な部分だからこそ、アンダーヘアの正しい処理方法を学び、トラブルを未然に防ぎましょう。

 

アンダーヘアの処理方法の種類と注意点

アンダーヘアの処理方法は、大きく二つに分けることができます。

 

一つは自分で処理する自己処理
自己処理には剃刀などでの毛をそったり、毛抜き等での毛抜き処理、除毛クリームを使用するといった方法などがあります。

 

もうひとつは脱毛サロン等でやってもらうという方法です
こちらの場合は、レーザー脱毛や光脱毛などがあります。ただし、今はレーザー脱毛も自己処理できる機器ができてきています。

 

アンダーヘアに向いている処理方法は?

水着になったとき、どうしても一番目がいってしまうのは、水着の脇のアンダーヘアのあたりです。

 

だからこそ気になる部分ではありますが、自分で処理するのは慣れない人にとっては難しいしなによりも恥ずかしい…。

 

そういったことを考えると、デリケートな部分の処理に向いているのは、やはりレーザー脱毛や光脱毛など、専門のサロンに通って、プロとしての腕を持っている人にやってもらうというのが一番安全で安心です。

 

せっかくだから仕上がりもきれいにしたい、お肌への負担も最小限にとどめたいという希望も満たしてくれます。

 

脱毛して水着になろう

 

でも、専門家にお願いしたときに気になるのはコストのこと。

 

リーズナブルなサロンなどもありますが、決して安くはありません。

 

そのため、コストなどの点からも自分に合った処理を選ぶことが大切です。

 

自分に合った処理を選ぶためには、それぞれの処理のメリットやデメリットをきちんと理解して選ぶことが大事です。

 

 

剃刀やシェーバーなどでの処理

メリット

  • 簡単にできる
  • コストが安くすむ

 

デメリット

  • お肌への負担が大きい
  • すぐに毛が生えてきて、チクチクしたりする
  • 剃刀に負けて、色素沈着などのトラブルが起こりやすい

 

 

毛抜きやワックスでの毛を抜く処理

メリット

  • 剃刀よりも長く抜けるので、毛が伸びてくるのがゆっくり

 

デメリット

  • 毛を抜くときの痛みが大きい
  • 時間がかかり、かつ皮膚へのダメージが大きい

 

除毛クリームでの処理

メリット

  • 手軽にできる
  • 剃刀・毛抜きのような皮膚へのダメージが少ない
  • 一度に広い範囲の処理ができる

 

デメリット

  • 薬剤にかぶれたりする可能性がある
  • 表面の毛を溶かすだけなので、すぐに毛が生えてくる
  • 薬剤なのでデリケートゾーンには使用不可
  • アンダーヘアのような太くて硬い毛にはあまり向かない

 

ヒートカッターでの処理

メリット

  • 切断面が丸くなるので、チクチクしない
  • 簡単に処理できる
  • お肌への負担が少ない

 

デメリット

  • 切るだけなので、またすぐに生えてくる

 

 

ワックスでの処理

メリット

  • 広い範囲の脱毛ができる

 

 

デメリット

  • 肌へのダメージが大きい
  • 「埋没毛」を引き起こすことがある

 

 

医療レーザー脱毛(美容皮膚科等)

メリット

  • 一度やったらほぼ生えてこなくなる(個人差有)
  • 毛のメラニン色素に反応するので、皮膚へのダメージが少ない
  • 自分ではできない箇所もやってもらえる

 

デメリット

  • 費用がかかる
  • アンダーヘアのような太くて硬い毛だと、レーザー照射時に痛みが強い
  • 数か月通わなければいけない

 

光脱毛(エステや脱毛サロン等)

メリット

  • 皮膚へのダメージが少ない
  • 自分ではできない箇所もやってもらえる
  • 痛みがレーザー脱毛よりも少ない

 

デメリット

  • レーザー脱毛と比較すると、毛が生えてきやすい
  • レーザー脱毛よりも多く通わなければならない

 

脱毛して海

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
様々な処理方法の種類と特徴を知れば、自分に合った処理の方法も見つけやすくなります。

 

アンダーヘアの処理方法は本当に様々です。

 

でも、体の他の場所とは違いデリケートな部分ですので、コストの面が許すならレーザー脱毛や光脱毛で安全にきれいにするのがおすすめです。

 

自己処理をする場合でも、それぞれのやり方の特徴を知って、適切に行うようにしましょう。

 

脱毛京都のtopページヘ